仏滅は値引きのチャンス!

大安や仏滅などの六曜が関係するお仕事といえば、ブライダル業界や葬儀場などを真っ先に思い浮かべます。しかし、引越し業界でも六曜が影響し、忙しい日とそうでもない日があるのは知っていますか?

引越し業界でも仏滅は暇なの?

日常でいつも六曜を気にしながら生活している人は若い世代ではあまりいないと思いますが、年配の人たちには気にする人も多いんです。

新車を購入する時の納車日は大安にしてほしいとか、宝くじを買うのは先勝の日に決めている、なんて人もいます。そういう人達は引越しもお日柄の良い大安を選ぶ傾向があります。そこまで影響力のある「お日柄」って一体何なんでしょうか。

  • 仏滅って悪い日?そもそも六曜とは

カレンダーに先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口という字が書かれてあるのを見たことがありますよね。あれが「六曜」です。

そもそも日本発祥のものではなく、あの陰陽師で有名な安倍晴明が平安時代に中国から持ち帰り広めたとする説もあります。

それぞれの日に意味があり、「大安」はその中でも万事に吉とされている日になっています。それと対照的なのが「仏滅」で、万事に凶とする日になっていて、開店や祝い事など全てが上手くいかない日だが、葬式は出しても良いとされています。

ちなみに、「友引」は、友を連れて行ってしまう、共に引かれて逝ってしまうという意味で葬式や法事をするのにふさわしくない日になっていて、火葬場は定休日とするところがほとんどです。

そんなこともあり、「仏滅」はあまり縁起の良くない日、つまり日柄の悪い日という考えが定着していったようです。

  • 仏滅の日を安くする理由とは

引越し業界でも土日祝日が大安に当たる日は引越しも多くなります。縁起が良いという理由でその日を選びたい人達が多く、あまり値下げをしなくても次々に引越しの依頼があるため総じて相場が高くなりがちですが、お客さんの側でも人気のある日なので多少高いのはしょうがないと考える人が多いようです。

ということは、裏を返せば人気のない「仏滅」は引越し件数が少ないので安くできるということになります。

引越し屋さんは店頭で「安いよー!今日ならなんと2割引で引越しができます。今日がチャンスですよー!」なんて呼び込みはできないわけで、ひたすら待ちの商売なんです。

引越し業者としても、所有しているトラックを稼働させ、従業員が作業しなければ利益はあがりません。よって多少安くしてもトラックを稼働させたいのです。

  • 気にならないと言えば嘘になる、臨機応変に

結婚や葬儀の主催者にでもならない限りは六曜なんて関わりもなく過ごしてきても、いざ知ってしまったら何となく気になるものですよね。でも、結婚式や引越しも、仏滅でも気にしない人たちも結構います。要は心の持ちようですね。

  • 自分の気持ちに無理は禁物

日本舞踊を習っていて着物を着る機会が多い、茶道や生け花など日本の文化が大好き、親から作法や立ち居振る舞いを厳しくしつけられた、という人たちは日本の伝統や風習を重んじる人が多いのではないでしょうか。

そういう家庭で育った人は、何かの行事の折りには六曜の日取りを気にすることが自然と身に着いているかもしれません。知人へのお祝いも日柄の良い日を選んでプレゼントしたりします。

引越しをするのも祝い事だからと、大安の日を選ぶでしょう。気持ちに無理をしてまで仏滅を選ぶ必要もないと思います。

  • 若い世帯の新興住宅地なら心配無用

上のような家庭環境というのは、三世代同居のような家ではありがちなことですが、その一方で六曜に無縁で育ってきた人も多いです。

仏滅の何が気になるのか全く分からないという人も少なからずいます。夫婦の世帯、小さい子どもがいる世帯、学生街、単身者の多い地域なら、別に仏滅に引っ越すことでとやかく言われることもないでしょう。

その日が仏滅であることすら気にもかけていないと思います。

  • 仮住まいで短期で異動する転勤族なら

一年で全国的に一番引越しの多くなる春先の繁忙期ではどうでしょうか?土日祝日の大安ともなれば、通常期の2倍3倍とも言われるほどの引越し料金の高騰ぶりには例年驚かされます。この時期ばかりは仏滅でもそんなに安くはなりません。

この時期は引越し業者を押さえることを第一にし、その土地に永住するのでもない転勤族であれば、根拠のないものに振り回される必要もないのではありませんか。

  • 古い民家が多い土地などでは

地域の祭りが有名で祭り開催日になるとあちこちから人が多く集まるというような土地では、祭り前の厄除け祈祷など全ての日程を六曜を基本に計画を立てることもあります。

これは極端な例ですが、そうでない地域でも、昔ながらの日本家屋が立ち並び高齢者が多く住むような集落では、六曜を常識として重んじることもあります。仏滅に引越しをするなんて今どきの若い子は、と眉をしかめるお年寄りもいるかもしれません。

建築業界では特に気をつけるべき日がある

古いしきたりを大事にするような土地柄に引っ越すなら、実はもうひとつだけ気をつけてほしいことがあります。

それは「さんりんぼう」という日です。六曜だけが記載されているカレンダーでは見かけないと思いますが、大きく書き込みができるタイプのカレンダーで大安や仏滅などの六曜の他に、一粒万倍日や不成就日の文字を見かけたことがありませんか?

それは、暦注の中の選日(せんじつ)といわれるものの一つです。
その中の「さんりんぼう」と書かれている日は、特に建築業界で忌み嫌われる日になっています。

「さんりんぼう」の本来の意味

これは漢字では「三隣亡」と書きます。これで何となく意味が通じてきましたね。

建築関係者の間では有名な大凶日で、この日に上棟式や地鎮祭、土起こしや柱立てなど、建築に関することを行うと、建築中に事故が起きたり、火事になったり三軒隣まで災いを及ぼしてしまうという言い伝えがあります。

いつが起源かはっきりせず、最初は逆の意味の「三輪宝」としていたなど諸説ありますが、どれも決め手にかけるようです。その迷信を今の時代でも守り続けているという理由は、自分のためよりも、むしろ周囲を配慮してのことだといえるでしょう。

その「三隣亡」の日を、建築に限らず引越しにも当てはめて、その日に移り住んでくることは三軒隣の家にも被害が及ぶと迷信を曲解している人が騒ぎ立てたりすることもあるので、念のため気をつけた方が良いかもしれません。

  • 仏滅の引越しでも安心!既成事実を作ってしまおう

根拠のない迷信でも、昔からの慣習を守り伝えていくことが日本人の美徳であるかのような風潮があります。

「自分はそんな迷信なんか気にしない」と思ってはいても、その土地でこれから先長く住んでいかなければならないことを思うと、周囲の目もまるっきり気にならないわけではありません。

そんな時の対策として、こんな方法があります。仏滅や三隣亡が引越しをするのに適さない日というのであれば、大安の日に引越しをすれば良いだけのことです。

考えてもみてください。仏滅の日に引越しトラックが着いたとしても、その前の大安の日に、自分で新居の中に先に荷物を運びこんでいれば、その日が引越した日になりませんか?

引越しトラックで作業員が荷物を搬入した日が必ずしも引越しの日にはならないのではないでしょうか。運ぶのは小物でも何でもいいんです。自分で運べる物はどんどん運んでしまえば、その分さらに引越し料金だって安くなります。

そして新居の掃除でもして、近隣の人に「(大安の)今日、引っ越してきました!後日トラックが着てご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」とでも声高らかに宣言してしまえば良いのです。

それでも気になったり、遠方で行き来ができないようなら、賃貸契約日や役所に出す転入届の日付に大安の日を選べば良いでしょう。そこまでしてもやっぱり気になるなら、素直に大安の日に引越した方が精神的にも落ち着いて生活できるでしょう。

まとめ

六曜を気にする人は、案外、自分の気持ちよりも、周囲の目を気にする人の方が多いのかもしれません。しかし代々その風習を大切に思っている土地もあるので、迷信だから気の持ちようと一言では片付けられないことも多々あるものです。

そんな時には、日柄の良い日に少量の荷物でも運び入れ、大安を選んで引越したことを強調し、周囲を納得させてしまいましょう。

仏滅は値引きのチャンス!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です